着物買取時の着物格付けによる査定の違いについて

着物はデザインや色遣いによって、年齢によっては着用することができなくなる場合があります。
成人式など若い女性が着る和装として振袖がありますが、振袖は年齢を重ねた一般的な女性が着用するには不向きは着物になります。
このように時期や年齢によって着用が難しくなった着物は、早めに着物買取を利用するなどして整理することで、箪笥の中などを圧迫することを防ぐことが可能です。
では実際に着物買取を利用する場合ですが、気庫のの格付けによって査定額に違いが出てきます。
まず着物の格付けの種類として礼装着と略礼装着と外出着などがあり、他には街着や普段着に浴衣といった種類があります。
これらの格付けに分けられて査定が行われますが、使用頻度が多く汚れや劣化が激しくなる普段着や街着などは査定額は低い事が多いです。
逆に着用する頻度が限られている物として礼装着や略礼装着などは保存状態にもよりますが、基本的に査定額は高めで買い取ってもらえる事が多いです。